「AGA治療 注意点」の記事一覧

AGAの進行状況によっては植毛という選択肢を

AGAの進行がかなり進んでおり無毛地帯がほとんどの場合 服薬や外用薬による発毛効果は大きく下がってしまいます。 このような進行状況であった場合において 「どうしても発毛を!」とお考えの場合には植毛も検討すべきです。 植毛・・・

治療のブレを無くすため克服の最終的なイメージを共有する

AGAと診断され治療に入った段階では 「とにかく髪の毛を生やしたい」の一心だと思います。 しかしこの時点で担当医と最終的なイメージが共有されていないと 後々不満が残る結果となりがちです。 どこの毛髪を、どのぐらい発毛させ・・・

AGA治療は継続的に治療を受けられる環境が大切

AGAが進行していれば、治療期間はそれに比して長くなっていきます。 フィナステリドは最低でも数か月 通常は数年服用し続ける必要があるでしょう。 またAGAは抑止できても根治はできませんので 発毛後も定期的な服薬、及びケア・・・

AGAは自由診療 現段階では健康保険の給付対象外

AGAは体の不調によって発症する「病気」には違いありません。 しかし現段階では美容整形と同様に保険外診療となってしまうと考えておいた方が良いでしょう。 これは治療に必須とされるフィナステリドが、現段階では健康保険の給付対・・・

カウンセリングでAGAである確証を得てから治療

抜け毛、薄毛の対策を立てるにしても まずはその原因が何かを知らなくては始まりません。 一時的な現象の場合もありますし また皮膚の病気も考えられるからです。 今では色々な情報をインターネットで知る事ができますので 今の頭髪・・・



このページの先頭へ