AGAは自由診療 現段階では健康保険の給付対象外 | AGA札幌※評判の良いクリニックで後悔のないAGA治療

AGAは自由診療 現段階では健康保険の給付対象外

AGAは体の不調によって発症する「病気」には違いありません。

しかし現段階では美容整形と同様に保険外診療となってしまうと考えておいた方が良いでしょう。

これは治療に必須とされるフィナステリドが、現段階では健康保険の給付対象ではないとされているのが大きな理由です。

この為、それらに付随する医療行為全てが対象から外されてしまいますので、結果として自由診療となってしまうのです。

AGAの治療は長期間に及びます。
また再発毛した髪を維持し続けるにも、投薬治療を継続しなくてはならない場合もあります。

ですので、それらにかかる費用は、ある程度の覚悟は必要になるでしょう。
公的扶助が期待できない以上、負担を軽くする努力は個人で行うしかありません。

健康保険の給付対象ではない、という事は、逆に言えば薬価は医療機関や調剤薬局が任意に定める事ができる、という事でもあります。

1種類しかない薬のはずなのに値段は皮膚科やクリニックによってまちまちなのは、そういう理由からです。

そうなればできる限り安い所で処方を受けたいものですが、あくまでそれは薬だけの話です。

処方箋だけ出してくれる病院もありますが、それでは服薬した結果がどの様な効果があったのか、自己流で判断するしかありません。

その他の診察や検査、理学療法も続けていかないとAGAは再度進行を始めます。

見た目の費用だけで安易な選択をせず、頭髪ケア全体がトータルコストに見合ったものであるかを冷静に評価したいものです。



このページの先頭へ