AGAの進行状況によっては植毛という選択肢を | AGA札幌※評判の良いクリニックで後悔のないAGA治療

AGAの進行状況によっては植毛という選択肢を

AGAの進行がかなり進んでおり無毛地帯がほとんどの場合
服薬や外用薬による発毛効果は大きく下がってしまいます。

このような進行状況であった場合において
「どうしても発毛を!」とお考えの場合には植毛も検討すべきです。

植毛には自毛と人工の2種類があり
どちらにも長所がありますので
自分の目指したい髪の毛に適した方法を選択しましょう。

自毛植毛はAGAの影響を受けにくい
側頭部や後頭部の頭皮の一部を切り取って
発毛させたい部位に移植する方法です。

定着すればDHTを抑制しなくても生えてくるので
AGA治療が無理だった場合の有力な選択肢となるでしょう。

最近では毛根のみを抜き取って使用する技術も確立されていますので
以前に比べれば頭皮への負担は減っていると言えます。

ただ一度に広範囲の植毛をする事は
剥離する皮膚部分のダメージを考えると現実的ではありません。

1回の手術で多くても数千本程度の様です。
また生えるまでに半年程度は待たなくてはならず
それまでは手術の効果を実感できないというデメリットもあります。

人工植毛は髪の毛に似せた樹脂を頭皮に埋め込んでいく方法です。

人口毛は均一に量産されていますので
短期間で大量の植毛が可能となります。

毛根そのものに元気が無い場合には
自毛を移しても丈夫な髪の毛は生えにくいのですが

人口毛であれば自分の髪質とは無関係に
太くてコシがある髪の毛にできます。

洗髪等も特に注意する必要はありません。

とはいえ人工物ですので
寿命はどんなに長くても3年と言われています。

また体にとっては異物ですから
人によっては免疫機能が過剰反応する場合もある様です。



このページの先頭へ