AGAの治療薬として有名な「ミノキシジル」の発毛効果や注意点について | AGA札幌※評判の良いクリニックで後悔のないAGA治療

AGAの治療薬として有名な「ミノキシジル」の発毛効果や注意点について

ミノキシジルの歴史

ミノキシジルは高血圧の治療薬として開発された成分ですが、後に発毛に効果があることが分かり、薄毛に有効的な成分として転用されています。ミノキシジルの歴史は古く、1980年頃に育毛剤の配合成分として発売され、その後はアメリカのFDAが認可したことから世界的に広まりました。

日本ですと1999年になり「厚生労働省から認可」され、薄毛の進行を止めると言われるフィナステリドよりも早く、市場に普及した薄毛の改善薬となっています。

ミノキシジルは成分であるため、育毛剤に配合する以外にも、内服薬としても利用されていますが、日本では薬品の安全性の問題から、育毛剤に配合した商品のみが認められており、市場に並ぶ商品は5%までの含有量となっています。

ミノキシジルの効果

発毛に関しては高い数値を示し、薄毛に悩む男性が使用した結果、およそ8割の人で毛が生えてきた、毛が濃くなったなどの何らかの効果があったと認められています。

ミノキシジルを使用し効果を実感できるまでにかかる期間

それでは、ミノキシジルを使用し続けた結果、いつ頃になったら効果が認められるのかの期間ですが、はっきりとした数字は表すことができません。薬による作用なので個人差が大きく、またどの程度の発毛が認められるのかも人によりけりとなってしまうためです。

一般的には6ヶ月から1年の間には何かしらの結果が出るとされるので、少なくとも半年間は使用を続けることが必要であるとされます。

早い人では8週間目あたりから毛が生えてきたという人もいれば、2年近くかかったという人もいるので、根気よく続けることが大切なようです。

また、発毛は実感できても、毛の量や太さが改善されるかどうかも人それぞれで、使用した人達のほとんどが、中程度の改善までは認めているものの、元の状態にまで改善されたという話はあまり報告されていません。

…とはいえ、1年以内に効果を実感できる人が8割近くいることからも、十分に期待できる改善方法だと言えます。

ちなみに、内服薬と塗るタイプの育毛剤では、発毛の効果に違いがあっても、発毛するまでの期間には大きな違いはありません。

初期脱毛に注意

また、ミノキシジルを使用していると、最初の2~4週間あたりで一時的に脱毛が増える初期脱毛が起こります。これは発毛を促すことによって毛母細胞が活発化して毛が抜ける現象で、正常な反応なので副作用とは異なります。

継続ありきの投薬治療です

あまりに抜けすぎることから、驚いて使用を中止する人も多いですが、使用をやめてしまうと意味がなくなるので、抜けた毛を無駄にしないためにも最後まで続けるようにしましょう。

※薬の服用は全て自己判断・自己責任の元お願いいたします。不安な方、一度もAGA治療薬を服用したことがない方…などは必ずAGA専門の医師に相談されることを強くお薦めいたします。



このページの先頭へ