治療のブレを無くすため克服の最終的なイメージを共有する | AGA札幌※評判の良いクリニックで後悔のないAGA治療

治療のブレを無くすため克服の最終的なイメージを共有する

AGAと診断され治療に入った段階では
「とにかく髪の毛を生やしたい」の一心だと思います。

しかしこの時点で担当医と最終的なイメージが共有されていないと
後々不満が残る結果となりがちです。

どこの毛髪を、どのぐらい発毛させるのかについては
診察の初期段階できちんと取り決めるべきです。

AGAも進行段階によっては元通りの髪の毛になる事もありますが
既に老化が進んでその部位からの発毛は
その治療によっては望めないという場合もあります。

髪の毛のボリュームについても同様です。
発毛が順調であれば少しずつ欲が出て、もっと増やしたいという気持ちは日々膨らんでいきます。

つまり最初のイメージからブレが生じているのですが
それに気づかないので結果として満足いかなくなるという訳です。

ですので、現時点で治療できる範囲はどこまでで
そこがどのぐらい発毛したら維持の段階に入る、というゴールを決めておくのが良いでしょう。

これは状況を見て変更しても構いません。

決めておく利点はいくつかありますが
まずは目指すイメージにブレが無くなります。

また延々と治療を続けていたのでは
費用と通院の負担が重くのしかかりますので
それを軽減する事にもつながります。

治療効果がこれ以上は見込めない所にまで改善していても
不安でやめられないという事態に陥る事も無いでしょう。

何よりゴールを切って「AGAを克服した」という達成感は
頭髪の事で引け目を感じていた気持ちをリセットしてくれるでしょう。



このページの先頭へ